忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

首位


2012年度上期の日本におけるタブレット出荷台数、アップルが首位だそうです。2012年4~9月の出荷台数です。iPadminiも市場を後押ししたとありますが、iPadminiは11月2日発売なのだから、この結果には関係ないと思うのですが・・・?。出荷台数を表すと、アップル118万台、富士通22万2000台、3位NECという結果。あれ・・・?。GALAXYは?。あんなに人気だってよくニュースになっていたのに・・・。不思議なことがよく起きるよマスメディアは(笑)。わぁ~、でも2位と3位日本勢で嬉し過ぎる!!!^^。特に富士通は本当に力を入れていると思います^^。スマートフォン市場でもそれを発揮していると思います^^。Appleもライバルが増えてきてうかうかしていられなくなりましたね。売れるものを開発するといずれライバルが多くなりますし、戦いにもなります。それがその市場を活発にしてくれるので、いいことだとは思います♪。

ネット広告代理店
SEOプロフェッショナル

順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
昔は「ゼロ評価+プラス評価」、今のGoogleは「マイナス評価」も導入
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
PR